MENU

収入に対する借り入れ制限で返済は安心

プロミスで借りられるのは基本として年収の3分の1までとなります。これはプロミスが独自に定めている審査の基準ではなく、プロミスのサービスを提供するSMBCコンシューマーファイナンス株式会社が貸金業者であり、貸金業法の総量規制の影響があるためです。

 

総量規制によって借りられる金額が制限されるのは、何もプロミスからの借り入れに限らずです。貸金業者からのキャッシング利用の総額となるので、プロミス以外のアコムやアイフル、モビット、ダイレクトワンなど、その他の中小の消費者金融で既に借り入れがある方は、借金総額次第ではプロミスでは新規で借りられない可能性があります。

 

例えば年収が450万円の方が、プロミス申し込み時に他社で150万円の借り入れがあれば、総量規制によってプロミスからは借りられません。住宅ローンやマイカーローンなどの目的ローンは対象外となりますが、消費者金融やクレジットカードのキャッシング枠の利用があると、総量規制の影響を受けてしまいます。

 

制限がされるのは利用者としては不便に感じられる、困ったときに借りられないといった不満に思う部分もありますが、裏を返せば返済が不能となりにくい安心感もあります。収入に対しての明確な制限があれば上限まで借りてしまっても返済は何とか進められる可能性があり、毎月の返済もかろうじて遅れなく不測なく行えるようにもなります。

 

ただ、だからといって総量規制の限界まで借りるようなことをしてしまうと、本当に困ったときに追加で借りられないといった事態を招きかねません。基本的には枠には余裕を持たせておき、本当に必要なときに借りられるようにはしておくべきです。

 

そのあたりの計画性は一人で考えても分からない部分もあるので、相談ができる環境が整うプロミスを使うなら相談をしておくと良いでしょう。契約機で手続きを進めるならオペレーターに、店舗を利用するなら直接担当者に相談をするなど、安心して利用ができるように自分自身でもしっかりと考えて借りるようにしなければなりません。

 

店舗の利用においては設置場所の確認が欠かせず、営業時間もしっかりと見ておかなければなりません。契約機はあっても店舗は全国にはないので、兵庫県でプロミスを利用すると考えた場合もhttp://www.promise-kariru.com/hyogo/kobe.htmlこちらの神戸市のプロミス情報を事前に見て店舗情報を把握しておかないと、店舗の利用が難しくなってしまいます。

 

借り入れだけでなく相談や各種手続きに関しても事前の確認が欠かせないので、しっかりと確認をしてプロミスで良い借り入れができるようにしておきましょう。